« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

好きな物は 最後に食べる?

 今 きーポケが 文庫本のシリーズ物の中で一番 読みたいと

新作が出るのを楽しみに待っている文庫本は

辻堂魁さんの『風の市兵衛シリーズ』だ。

きーポケじーさんが 市兵衛さんの話を大好きだという事は

これまでにも何度か書いてきた。


 今 現在、その「風の市兵衛シリーズ」(祥伝社文庫)

未読の3冊が、本棚横の未読本のコーナーに並んでいる。

第18巻の「待つ春や」、第19巻の「遠き潮騒」

第20巻の「架け橋」の3冊である。


Photo_2

①未読の時代小説
②未読の現代小説
③読み終わって「ブックオフ」へ再度 売る予定の本
④読み終わっているが、手元に残しておきたい本


 今すぐにでも 第18巻から読み始めたいのは山々なのだが

だからといって きーポケは、あっさりと読んだりは しない。

欲望のおもむくままに、真っ先に市兵衛さんを読んでしまうと

残った他の未読の文庫本らが、少し色あせてしまうような

何となく楽しみが減ってしまうような・・

そんな感じが してしまうのだ。

 食べ物でも、好きなものを先に食べるか、後に残すか・・

それは 人によって様々だろうが

どうやら きーポケは最後に残して食べるタイプらしい。


 昔 きーポケが小学校の高学年の頃・・。

四国の片田舎の、店屋の一軒も無いような小さな集落で

今思えば 不思議に思うが、我が家に宅配のヤクルト飲料を

取っていた時期があった。

今のようにプラスチック容器ではなく、ガラスの容器だった

ように思うが、1瓶に入っている量は やはり今と同じで

一息で飲めるほどに少なかった。 

甘いものなど滅多に口にす事も出来なかった昭和30年頃の

田舎の子供には

ヤクルトの味は ちょっと酸味があって ほんのりと甘く

美味しかったはずである。

1瓶のヤクルトの量は、飲めば あっという間になくなって

しまう程度に少ないものだから

子供心に 何だか飲んだ気がしなかったのだと思う。

だから、数日分のヤクルトを飲まずに辛抱して貯めて置いて

沢山 集まってから思い切って飲んでみたいと・・

その方がきっと、ヤクルトの うまさを、十分 満足出来るん

じゃあないかと考えたのだろう。


 毎日届くヤクルトの1週間分ほどを、小さなヤカンに集め

十分 味わえそうな量に溜まった頃に 勢い込んで飲んだら

嗚呼・・残念 無念!古くなったヤクルトは腐っていた・・

という子供の頃の愚かな記憶がある。

もちろん当時は、冷蔵庫などなかった時代だったから。


 『 三つ子の魂 百まで 』とのコトワザもあって

子供の頃の「好きな物は最後に・・」の そんな性格が

70歳を過ぎた今でも 変わっていない事が

可笑しいようにも思うし・・

当たり前のようにも・・思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

大好きな藤沢周平さんの作品と云えども・・

 きーポケが 毎日のように文庫本を読むようになったのは

老年に近い年齢になってからで、キッカケはともかく

最初に読み続けたのは藤沢周平さんの作品群だった。 


 藤沢さんの出版されている文庫本は約六十数冊を数える。


『用心棒日月抄シリーズ』、『彫師伊之助捕物覚えシリーズ』


『蝉しぐれ』などなど、本棚から取り出して何度も読むほどに


面白く、きーポケの大好きな作家の一人だ。


Photo


 藤沢さんの六十数冊の文庫本の中で


きーポケがまだ未読の
文庫本が残り4冊あり

それら4冊は すでに サイトの中古屋で購入済みなのだが


そのうちの1冊 『白き瓶・小説 長塚節』(文春文庫)を

未読の文庫本コーナーから取り出して読み始めた。 


 『白き瓶・小説 長塚節』は

昭和60年11月に単行本が文芸春秋社より出版され

その数年後に文庫本が出版されている。


「長塚節は37年の短い生涯を


妻も子も持たぬまま、
正岡子規に師事し

旅と作歌に 壊れやすい身体を捧げた
稀有の人である。

その生涯のかがやきを清冽な文章で辿る会心の鎮魂賦。」

・・と文庫本カバー裏の内容紹介にある。



 そんな藤沢さんの『白き瓶・小説 長塚節』を

読み始めたのだが・・

三十数ページまで進んだところで、どうにも話の内容が

退屈になって、読むのを止めてしまった。


 大好きな藤沢さんの小説を 決して、つまらないなどと

ケチをつけたりするつもりはない。


何しろ この小説
『白き瓶・小説 長塚節』は

第20回 吉川英治文学賞を受賞しているのだ・・。


 ただ きーポケは、名作といわれる小説などよりも

単純で痛快でエンターテイメントな娯楽小説の方が

好きなのだと、
特に歳を経た この頃になって素直に思える。

きーポケじーさんの気ままな読書暮らしが出来る時間も


それほど多く残る年齢でもなくなってきて

自分の好みを わがままに

出来ることなら
好きだ!嫌いだ!だけの単純さで

暮らして行けたらと思うのだが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

たまには逆回りも・・

 きーポケじーさんのブログは

薄っぺらいなぁーと いつも思う。

何しろ 出不精で ものぐさな暮らしの毎日だから

見るものにも 感じるものにも 限りがあるから。

昼寝や文庫本の話だとか、散歩がどうこうしただとか

パソコン操作が難しい などの愚痴話だとか

つまり、個人的な小さな話ばかりだ。

 あいも変わらず 今日も

個人的で極めて小さな 散歩の話になる。

きーポケの散歩には何種類かのコースがある。

近所を あちこち歩き始めて もう 長いから

どれも 見馴れた景色の中を歩くことになる。

 だから 同じ見馴れた散歩コースを歩くにしても

たまには そのコースを逆向きに歩いたりすると

眺める景色も違って見えてきて

ちょっとした新鮮さも味わえたりする。

 きーポケがまだ 見習いの職人だった若い頃に

自分が書き上げた物を逆さから見てみるとか

裏から見てみるとかすると

書き上げた物の バランスの良し悪しがわかる・・

そんな事を、当時の親方に教わったことがある。

 デビューから29連勝の大記録を達成し

昨年 日本中を沸かせて話題になった中学生のプロ将棋

藤井聡太4段が、対戦中に立ち上がって相手側の後に廻って

盤面を見ている映像をテレビで観たが(ひふみんアイ)

多分 この行為も、相手側の視点に立ってみるとか

全体の状況を判断するための方法を身につけている

からなのだろう。

 それも これも、そして あれも・・

嗚呼〜・・何となく 人生だよなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

相性

 世の中には “相性" というものがある。

“相性" は 人と人とに限らず、人と物、物と物との間にも

否応なく現れてくるようだ。

 パソコンの場合、様々なパーツや周辺機器等によっては

製造メーカーの多様性や規格解釈の違い等々があるらしく

それらの組み合わせによっては “相性”の良し悪しが現れる。

 そんな ”相性の悪さ” が 原因なのだろうか・・

きーポケが利用しているniftyの「ココログ」ブログと

その下書き原稿を書くための「テキストエディター」とが

上手くゆかないのだ。

 「改行」や「段落」などのブログ上での文章の並びを

きーポケの希望通りには仕上がってくれず

それも日によって仕上がり状態がバラバラで

悪いなりの統一さえ されていない。

 当ブログにおける文章の行間の、その日その時によっての

異なる様を見れば よくわかる。

だから、「テキストエディター」での下書きを止めて

「Evente」や「Notebook」などで試して見たが

上手くいかない。


 もしかしたら、もしかしたら・・

「ココログ」ブログと「テキスト アプリ」との

単純な ”相性” の悪さなのではなく

「ココログ」ブログと「テキスト アプリ」と

きーポケじーさんとの三つ巴の”相性” の悪さ・・

と いうことか?


 それでも しつこく今回の更新は

初めての「Pages」アプリで下書きをしているのだが・・

 果たして・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

昼寝のお供に・・

前にも書いたが・・

きーポケの散歩のお供は、昔の流行歌を聴きながら歩くこと。

昼寝の時にも、やっぱり古い流行歌をBGMとして流しながら

寝ることが多いが、この頃では YouTubeから流れる落語や

昔の漫才などをBGMの音楽 代わりにするときもある。


それと もう一つ・・

短編小説の「朗読」を聴きながら昼寝をするときもある。

Photo


YouTubeでは、多くの著名な作家の小説を

本職のアナウンサーや役者さん、朗読好きの素人さんら

よって語られる「朗読」を聴く事ができる。


特に 今は、きーポケが大好きな藤沢周平さんの武士物の

短編小説を聴きながら寝たりしている。

藤沢さんの短編小説には 市井物の名作も多い。

哀しさや 切なさ などが主題になる事の多い市井物では

眠るお供として ちょっと 重たい内容になるような気がする。

その点 武士物は、単純と云えば単純で、痛快さもちょっと

あったりして、眠りやすいと思うのだ。



ただ そんな時代物でも、ついつい 話に引き込まれてしまい
眠るのを忘れて 聴き入ってしまう事もあったりする。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

散歩の途中に・・

きーポケじーさんの散歩コースは いろいろとある。


その日その時の、都合や気分などによってコースは変わる。

30分程度で歩ける短いコースもあれば

1時間半くらいの 長いコースもある。


我が家を出てから、帰り道を忘れない?程度の距離の

西や東や 南や北へ向かう散歩コースを歩いている。


そんな散歩コースの中の、1時間半コースの一つの道の途中に

小さな寺の前を歩くコースがある。


その寺の入り口には掲示板があって

そこには いつも何らかの
”有難〜い?お言葉” を書いた

ポスターが掲示されている。

今年に入って、そのお寺の前を通ったときの その掲示板には


写真のような ”文言” が書かれてあった。

Photo_5

特に どうという事もない、
当たり前といえば

当たり前の ような”文言” が書かれていたが

半月ほど前の 昨年末に歩いた時に見たポスターの ”文言” には

次のような ”詩” が書かれていた。



『 あゝ 生かされてるなぁ

空に浮かぶ雄大な雲を見ていると

改めて おもう 』


この詩、さほど驚くほどの名文だとも思えないが

何となく、今の きーポケじーさんの心境を

言い表わしているような気がしたので

その時 メモをしていた。


『 あゝ 生かされてるなぁ 』との文言を

きーポケに当てはめて考えてみると

生かされている・・などと素直に思えるほど

きーポケは謙虚でも素直でもない。


ただ ときに、散歩の道中などで

青い空や浮かぶ雲、遠い山の連なりなどを見たりしていると

今こうして、気ままに散歩をしていられるのも

これまでの人生を、多くの人たちに支えてもらいながらも

長い年月を 特に目立つ事もなくコツコツと

1日1日をささやかに積み重ねてきたという

感慨にふけることも あったりはする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

画像編集ソフト

もう7・8年も前になるか・・長女がMacのパソコンを

購入するとき 思い切ったらしく、高価なAdobeの

「Photoshop CS 5」のソフトも 一緒に購入した。


それを知って きーポケは、その「Photoshop CS 5」の

CD ROMを ちょっと借りて(Adobeに内緒・・)

自分のパソコンに入れさせてもらった。

Photoshop_3  

以来、「Photoshop CS 5」で写真の編集やペンタブレットを

使ってのマンガのカットなどを描いたりしてきた。


「Photoshop CS 5」の持つ能力の、1/10さえ使いこなせて

いない きーポケだが、それでも便利に使わせてもらった。



それから7・8年が経ち、我が家のパソコンのバージョンは

「OS X Yosemite」から「Mac OS X El Capitan」と変わり

現在は「macOS High Sierra 10.13.2」となった。

Photo

一方は 段々と古くなっていく「Photoshop CS 5」ソフトと

常に新しいバージョンアップする我がMacパソコンとが

いまいち仲良く出来ないのは 分かるような気もするが

少し おかしな動きをされると、『なんでやねん!』

・・と云いたくなる。


例えば、作業が正常に終わって「終了」をクリックしても

ディスクトップ画面に

『Photoshopが予期しない理由で終了しました』という

警告の告示が常に現れる。

Photo_2


作業中でも、明らかに今までとは異なる動き方をされると

戸惑う事が多く、きーポケの知識では そんな異常な動きを

正すことが出来ない。


ネットで調べてみると、きーポケと同じような問題が

いろいろと起きているようだが、安全で確実で

きーポケにも出来そうな解決策は見つかりそうにない。



きーポケ自身がこの頃は 何となく、細かな作業をするのが

億劫に感じるようになって、ペンタブレットでの

マンガ絵など、ほとんど描かなくなってきているものの

「Photoshop」のような本格的なソフトでなくてもいいから

別の無料のソフト・・例えば「GINP」とか

「FireAlpaca」とかを使うことを考えたりしている。


しかし また 初めから新しいソフトを覚え直すのも

なんだか 面倒でもあるし・・

とは云っても 多少なりとも、写真や画像の編集ソフトは

必要だと思うし・・・。



あれや これやと考えながら・・

そのうち 必要に迫られることでもあれば・・

結論は自然と出るだろう・・。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

小さな うれしさは・・?

小さな うれしさは、存外に 続くこともあるようで・・


8日に更新した記事に・・・

浅黄斑さんの文庫本書き下ろしの最新作

「無茶の勘兵衛日月録・風花の露」第18巻が4年ぶりに

出版されて 中古本での購入が楽しみだーぁ・・・と


書いた。


続いて もう一つ・・

うれしい文庫本が
出版されていたことを知った。


それは、吉田雄亮さんの文庫 書き下ろし時代小説

『新・深川鞘番所』
(祥伝社文庫)だ。

1


10年ほど前の2008年3月に、
『深川鞘番所』シリーズ

の第1巻が始まり、2012年7月に第10巻目『情八幡』

完結していた。



「江戸に暮らす町民たちを守る・・」それが自分の務めだと


心に決めている北町奉行所・与力の大滝錬蔵は

町民を守るためなら上司に逆らうことも厭わぬ行動をして

北町奉行の不興を買い、治安の乱れた深川の大番屋支配を

命じられる。


深川には無法者たちがあふれていて、役人といえども


いつ命を
落としても おかしくない状況だった。

その上 錬蔵が異動になった深川大番屋の配下の同心たちは

やる気がなく、番所内で ただ無駄に時間を潰すのみ。

それでも錬蔵は自分の出来る事を淡々と、しかし 命をかけて

仕事を
こなしていく。

そんな錬蔵の姿に、やる気のなかった配下の同心たちも


少しずつ仕事への姿勢が変わっていく・・。




今回 その続編が『新・深川鞘番所』として
5年半ぶりに

出版されるという。



吉田雄亮さんは これまでにも、聞き耳幻八浮世鏡

侠盗五人世直し帖』、裏火盗罪科帖等々の

多くのシリーズ物の時代小説を
書き下ろしている。


正直 言って『深川鞘番所』シリーズ以外の
吉田雄亮さんの

時代小説
は、ただ目先を変えただけの単純な悪者退治の物語

過ぎず、それぞれの初刊本を読み終わっても、その後の

続刊を読む気には
なれなかった。


しかし『深川鞘番所』シリーズに関してだけは、他の作品と


どこかが違い
きーポケの”琴線”に触れてしまって

深川大番屋支配・大滝錬蔵の全てを
読んでみたいのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

実に4年ぶり・・

Amazonや楽天などのネット通販サイトで、前もって

読みたいと思う文庫本を定期的に調べておいて

数ヶ月 待つ。


そうすると、中古本専門のネット通販から

それなりに安くなって売り出されるから それを購入する。



いつものように Amazonのネット通販サイトで

楽しめそうな文庫本はないかと探していたら・・


オッ! オーッ!!

出てる! 出てる! 新刊が出てるやないか!!

「無茶の勘兵衛日月録・風花の露」の 第18巻が!

実に4年ぶりに出版されている。

Photo    

何しろ・・・

前巻(第17巻)の「無茶の勘兵衛日月録・玉響の譜」は

2013年9月に出版され、物語も途中のままなのに

いつまで経っても続刊が出版されなかったのだ。


もしかしたら 作者は病気になったのか・・。

それとも もしかしたら・・

物語を大きく広げて過ぎて複雑になり、終わらせたくても

終われなくなったのではないか・・などと想像しながらも

続刊が出ないまま4年も経ると

もう続きの出版はないのだろうと 諦めていたのだった。



徳川幕府が成立して50年ほどが過ぎた4代将軍の家綱の頃。

徳川家康の次男・結城 秀康を祖とする越前福井藩は

越前大野藩、越後高田藩などの支藩も含めて

相続や分藩問題、重臣らの権力争い、大和郡山藩の内紛劇

幕府老中を絡めた権力争い 等々

様々な紆余曲折や激しい変転を経ながら

後に”越前騒動”とも呼ばれる大騒動の只中にあって

子供時代から無茶の勘兵衛、「無茶勘」とあだ名されていた

越前大野藩士・落合勘兵衛の 爽やかな活躍を描いた物語だ。


主人公を取り巻く人間関係も複雑になり

作者自身も認めているように、作者の”うんちく話し”などの

脱線も多く、だから 物語もなかなか進まないのだが

それでも読んでいて、何故だか きーポケは 楽しいのだ。




どうやら作者の浅黄斑さんは 病気だったらしい。


全快されての執筆再開だったのかどうか

詳しくは分からないが

あまり無理をせず、身体を労わりながらのペースで

ゆっくりと次の物語を書いてほしいものだと思う。



それにしても、あと数ヶ月も 待てば

ほとんど諦めていた「無茶の勘兵衛日月録・風花の露」の

第18巻が、中古本として購入できるほどに安くなって

読める日が待ちどうしい。


だから その前に

久しぶりに、本棚に保存している第17巻「玉響の譜」を

取り出して 改めて読み直している


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

『君の名は。』

大ヒットしたというアニメ映画『君の名は。』のテレビ放送を

つれあいが録画していて、今日 鑑賞した。


Photo
つれあいが言うには、このアニメを観て 大の大人も


泣いたというし、中三の孫も声を出して泣いたと聞いた。



それくらい いいアニメ映画だとの評判だった。


登場人物たちは、今風な少女漫画の絵柄なので


キーポケには馴染みにくいが、風景描写は素晴らしかった



ただそれよりも きーポケには、話の内容がわかりにくいのだ。


物語が終わっても、その結論がどうなったのか


よく分からない。


主人公の二人は 結局 どうなったんやろ・・?


泣く?・・訳も分からず 泣けへんもんなぁ。




日々 甘ったれた生活を送くる 隠居暮らしのきーポケは


どうやら 大切な何かが 衰えてきているのだろうか・・。


泣けた 泣けたと、皆んなが感動しているアニメ映画を観ても


きーポケには何がどうなったんか・・


嗚呼〜、分からへんのや・・。




遠い遠い昔、佐田啓二と岸恵子の主演で『君の名は』という


松竹映画があった。


Photo_2
      松竹映画「君の名は」 主演の岸恵子と佐田啓二


きーポケなどには こちらの『君の名は』の方が


すんなり気持ちに入りやすい・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

大黒柱

「iPhone」や「iPad」などを含め、我が家にある数台の

情報端末機器の大黒柱とも云うべき存在の「MaxBook Pro」

は2014年1月に購入したものだ。


購入してから5年目に入る。

今のところ「Max Book Pro」は

大黒柱として 何の問題もなく働いているが

Apple社が公式に発表したという製品寿命によると

「iPhoneは3年」「Macは4年」だという。


だとすれば、我が家の大黒柱「MaxBook Pro」も

そろそろ買い替えの時期にきているということか・・。


もちろん4年が寿命だと言われたからといって

杓子定規に すぐ新しい「Mac」を購入するつもりはない。

我が家にとって 決して安い買い物ではないのだから。


ただ そんな記事を きっかけに、現在も頼もしく 我が家の

大黒柱たる働きをしてくれて居る「 Max Book Pro」も

いずれ 買い替えの時期がくるのだと改めて思った。


その一方で きーポケじーさん自身も、端末機器の操作不能

となるであろう時期が、その内 必ずやってくる。


近い将来 必ず訪れることになる そんな二つの事柄を考え

合わせてみると、せめてもう一度くらいの、我が家の

新しい「大黒柱たる端末機器」の購入と、その操作をする

時間くらいは、きーポケにも まだ 残っているのでは

なかろうと 希望も込めて 思っている。


だから 別段 慌てることでもないが

我が家の 次の「大黒柱たる情報端末機器」として

何を選ぶかを 考える時期にきているように思う。



我が家での「情報端末機器」の必要性を改めて考えれば

きーポケじーさんとつれあい二人の、日常での ささやかな

情報源や暇つぶし、そして 時々ネットショップで買い物

をするくらいの利用だが、それでも もう我が家では

手放せないほど それは暮らしに馴染んでいる。



では次の「大黒柱たる情報端末機器」は 何が良いのか・・

例えば 次も、やっぱり「Mac」にするのか・・。

しかし、年金暮らしの隠居の身に、高額な「Mac」は

いささか贅沢ではなかろうか・・とも考える。


では「iPad」は どうだろう・・。

価格は「Mac」に比べれば 相当 安く購入できる。

ただし、「iPad」はタッチパネルでの作業になる。

きーポケにとって「iPad」「iPhone」などのタッチパネル

操作は、どうにも扱いにくいのである。

キーボードは別売りがあるようだから何とかなるが

しかし きーポケにとって 大きな問題がある。


「マウス」が使えないのだ。



だから 何とか「iPad」で使える「マウス」がないものか

調べてみた。



「脱獄」という 危険そうなやり方でマウスを使う方法が

あるらしいが、Apple社のサポートが受けられない非公式な

方法らしく、素人のきーポケには無理な作業だ。


「SwiftpointGT」というBluetoothで使えるマウスが

売り出されて居るらしいが、20,000円近い値段との事で

高額すぎて参考にもならない。


「Citrix X1 Mouse」というマウスは7,000円前後の値段

らしいが、問題は 専用のアプリ内でしか使えないという。



ウ〜ン 使えそうなマウスは 今のところ無いようだ。


何故「iPad」は マウス操作をさせない考えなのか・・と

きーポケじーさんは愚痴りたくなる。


仕方ないから・・と、「Android」「Windows」の

タブレットを・・とも考えるが、何となくApple党になって

しまった きーポケには、「Android」や「Windows」の

タブレットに 気持ちが動かない。



2018年は、残りの 貴重な日々の暮らしの手助けと

なるべき「大黒柱」を決めようと考えている訳で

時間をかけてゆっくりと吟味していく1年になるだろう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »