« 流行歌 | トップページ | むかし・・この道 »

2017年12月 9日 (土)

スマホへの保存の仕方は難しい

70歳を超えたきーポケも知らない歌手の方々が歌っていた

遠い昔の流行歌を昼寝や散歩の時に聴こうと

そんな歌を あれもこれもと集めて保存している。

正確な数は分からないない。

200曲くらいは保存したか・・。

きーポケが持っているスマホのモバイルデータ通信量は

1GBと極端に少ない契約だから

昼寝時などの家の中でのWi-Hiで聴く場合は問題ないが

散歩の時などの外出時は

1GB契約のモバイルデータ通信のオンライン利用では

とても怖くて聴けない。


だから 昔の流行歌をスマホに保存して

散歩の時などにオフラインのままでも聴けるようにと

2種類の音楽再生アプリをスマホにインストールしている。

「Clipbox」と「OPlayer Lite」という無料アプリだ。

Oplayerliteclipbox_3

「Clipbox」の場合・・

スマホの「Clipbox」内のYouTube で目的の「歌」を探し

『お借りしまーす!』と一声 発して

そのままダウンロードすれば、割と簡単に保存が出来る。

ただこの場合、音声と一緒に映像までもが保存される。

素人考えだが、音声と映像が一緒に保存されれば

保存容量が音声だけよりも大きくなるように思うのだが・・。

まぁ それでも、便利だから利用している。

(「Clipbox」の現在の使用容量1.22GB)。


もう一つのアプリ「OPlayer Lite」。

このアプリの操作、きーポケにとって 少々ややこしい。

もう何度も このアプリで保存をしているのだが

いまだに 操作の手順を覚えられず

その都度 メモを見ながらの作業が続いている。

「Offliberty」とか「Macx YouTube Downlodder」とかの

2つのアプリのどちらかを利用して、まず

MacパソコンのYouTubeから保存する「歌」を選び出し

『お借りしまーす!』と一声 発して

一旦  Macパソコン内に保存しておく。

一旦 保存した「歌」の拡張子は「mp4」。

次に、右クリックを使いながら

「mp4」の拡張子を「m4a」へ変換する。

そのあとMacパソコンの「iTunes」を利用して

「m4a」から「mp3」に もう再度 変換する。

ややこしいよ〜。

拡張子が「mp3」に変換できた「歌」を

Macパソコンの「iTunes」と

スマホ内にインストールしている「OPlayer Lite」アプリを

WI-Hi転送で共有させて

スマホに「歌」の保存が完了するのである。

(「OPlayer Lite」の現在の使用容量421.7MB)。

ほんま ややこしいよぉ〜。


きーポケが必死こいて やっている操作方法以外にも

別のやり方や使い方も あるのかもしれないが

今のきーポケには これで精一杯なのでござる。

|

« 流行歌 | トップページ | むかし・・この道 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホへの保存の仕方は難しい:

« 流行歌 | トップページ | むかし・・この道 »