« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月28日 (木)

昔の流行歌のこと

戦前とか戦後とかに歌われていたという

遠い昔の流行歌などを、「YouTube」から

「Mac」や「iPhone」のアプリに保存して

昼寝や散歩のBGMとして聴いていると 前にも書いた。

きーポケは昔から 歌には あまり興味もなかったが

この頃 なぜか 遠い昔の その頃の流行歌が楽しい。


そんな 楽しみの中にも ちょっと気になる事があって

それは その当時の、特に女性の歌手に多いようやけど

高音域での歌声を上下に震わすビブラートとかいう発声法が

耳障りで、きーポケには どうにも聞き辛い。

ただ もしかしたら それが ”裏声”という歌唱方法なのかも

しれないし、そんなビブラートでの高音が

その時代の正しい発声法で

クラシック音楽の「歌曲」や「オペラ」などを参考にした

正当な歌い方なのかもしれない・・などと思いながらも

やっぱり きーポケの耳には それは落ち着かない。



ところが、YouTubeでの そんな時代の数多い歌声の中に

耳障りな高音も出さず、落ち着いた声で とても聴きやすく

包み込まれるような魅力的な歌声の歌ある。

今 現在、きーポケのMacやiPhoneのアプリに保存している

「悲しき子守歌」、「雨のオランダ坂」、「誰か夢なき」

などの歌だ。

これら3曲は 同じ歌手の歌声のように聴こえるので

その歌手の名前を知りたくて 調べてみたら

それぞれに別の歌手の歌であることが分かった。

「悲しき子守歌」は 昭和13年

映画「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」と同時に

映画の挿入歌として作られている。

歌うのはミス・コロンビアさん。

「雨のオランダ坂」は昭和22年の発売。

歌うは 渡辺はま子さん。

「誰か夢なき」は同じく昭和22年に発売。

竹山逸郎さん、藤原亮子さんのデュエット曲である。

改めて「YouTube」で レコードの3つの曲を聴いてみると

きーポケが いつも聴いている歌の声とは

はっきりと違うことが分かった。


では きーポケが好きになった魅力的な声の歌手は

いったい ダレなのだろう?

魅力的な歌声を頼りに

前記3曲のタイトルを「YouTube」に入れ

表示された曲を聴きながら確かめてみた結果

どうやら 歌っているのは

谷 真酉美(まゆみ)さんという女性だった。

この方の詳しい事は ほとんど分からない。

元プロの歌手だったという話もあり

現在は地元の久留米で 音楽の指導をされているとも・・。

「YouTube」で聴けるこれらの曲は

谷 真酉美さんがプロ歌手としてカバーしたのか

それとも単に、カラオケで歌ったのをアップしたのか

詳しい事は どうにも分からない。

でも この歌声は 大好きだ。


「YouTube」には 素人さんの

あまり上手くもないと思える歌も、それらしく

入っていたりする。

そこらあたりは要注意だ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

つれあいは「ウーマンラッシュアワー」に夢中

今朝 いつものように つれあいと一緒に散歩に出かけた。


これも いつものように、iPhoneからのイヤホンを耳に当て

きーポケは、保存している昔の流行歌を聴きながら

つれあいは、SNSでの「ウーマンラッシュアワー」の

漫才や対談番組を 聴きながら歩いている。


冬の祝日の 静かな朝のしじまの中で

後ろを歩くつれあいが 突然 笑い出す。

「ウーマンラッシュアワー」の村本さんの話が

吹き出すくらいに面白かったらしい。


きーポケは つれあいの笑い声の大きさに

後ろを振り返り声を落とすように『シーッ!』と

指を口に当てる。

つれあいも 両手で口を押さえて 肩をすくめる。


そのあとも、つれあいの声を落とした笑いが 何度も聞こえた。


この頃の つれあいは、「ウーマンラッシュアワー」に

夢中のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

危険サイン・・おまけ

昨日の更新記事に、きーポケが まだ子供の頃の


寝ている間にやってしまった小便したことを

『きーポケ最後の寝小便だった・・』と書いた。


Photo

 ギャラ無しで 「のび太君」に ご登場 願った・・。


昨日は「寝小便」という表現を使っているが

本当は「おねしょ」という言葉を使い漢字で書きたかった。

何故か その時、「おねしょ」の言葉をキーボードに打てず

「おねしょう」・・や なかったナ

「おねしよう」・・違うか

「おねしょお」・・えっ、どうやったっけ・・

「おねしよお」・・アレッ

分からへんようになっても〜た・・

もう もう、頭が こんがら、こんがら、こんがらがって

文字を 打てば打つほど 分からなくなってくる。

だから 仕方ないから「寝小便」の言葉を使うしかなかった。



昨日の更新記事は、正しい言葉の「おねしょ」が出てこずに

迷えば迷うほど ドツボにはまり分からなくなってしまい

「寝小便」のままで 更新をしたのだが

気分一新 改めて今日、その事をもう一度 確認してみた。



何事も 時間を経て 改めて考えると

結論は あっさりと出るものだ。


「おねしょ」・・これが正式な書き方である。


では この漢字をと調べると・・どうやら漢字はないらしい。

「おねしょ」の「お」を取って「ねしょ」は

「寝小便」の略だとか書いてあった。

「夜尿」という表現も使うらしい。



きーポケの独りよがりの感覚なのだろうが・・。

子供のする寝小便は「寝小便」と表現するよりも

「おねしょ」と言い表す方が 最もそれらしく感じるし

おっさんや年寄りがする寝小便は「おねしょ」と言うよりは

「寝小便」と表現する方が、逆に それらしく感じる。


小理屈は百も承知で きーポケは、その辺のことを

ちょっと こだわってみたかった・・んやけど・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

危険サイン

夜 見たこともない家の中で 小便をしたくなって

その家の中を 便所を探しながら歩いている。

薄暗い廊下を手探りで進み

突き当たった角にあるドアを開けると

まだ廊下と小部屋が続く。

その先を進んで行くと、奥に便所らしき扉がある。

やっと便所に辿り着いたとドアを開けようとしたら

目が覚めた。

夜中の2時ごろだった。

小便がしたくなったとのサインだったのだろう。

そんな夢で目が覚めて 現実に戻り

トイレに行って小便することが出来た。

Photo

「パナソニック 温水洗浄便座 泡コートトワレ」のCMより お借りした。


昔 むかし、きーポケがまだ小学校の高学年だったか

中学生に成り立ての頃だったか もう定かではないが

家の前の庭で遊んでいて、おしっこをしたくなったので

生垣の根元で気持ち良く立ち小便をしていたら 目が覚めた。

間に合わなかった・・。

多分きーポケ最後の寝小便だったと思う。



改めて考えてみると、そんな子供の頃のことは別にして

大人になってから夜中に小便をしたくなると

自然に目が覚めて 難なく便所に行けた。

ところが 歳を重ねるにつれて、身体の機能は衰えてくる

意識のない睡眠中に、膀胱に小便が溜まっていることを

知らせる方法として 小便をする夢を見させる。

眠っている意識に そんな危険サインを出すことで

注意を促しているのかもしれない。


だから、この頃の きーポケの眠りに

小便をしたくなる夢を 多く見るようになったのは

危険サインをもらわないと危ない年齢になってきた・・

ということかもしれない。



しかし しかし、多少の機能は衰えたとはいえ

まだ 大丈夫!

大丈夫 だよ!・・

たぶん 大丈夫 だ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

「ウーマンラッシュアワー」の漫才

お笑いコンビの「ウーマンラッシュアワー」さんが

先日 フジテレビで放送された「THE MANZAI」の中で

今の政府や国民の政治に対する意識について

強く批判をするネタの漫才をして

今 賛否両論の話題を呼んでいるという。

Photo

戸惑いや 面白くないと感じた人達も少なからずいたようだが

しかし それ以上に、称賛する声も相次いでいるという。

福井県おおい町出身のボケ担当の村本さんは

福井県に4基の原発があるが、 おおい町の多くの店が

夜7時を過ぎれば閉店して町が暗くなることをあげ

『電気はどこへゆく!』と笑いを誘った。

東京オリンピックの新国立競技場の問題についても

『豪華な競技場を建てる前に、被災地に家を建てろ!』

と主張した。

他にも 沖縄の米軍基地の問題やアメリカとの関係も

日本はアメリカの都合の良い国だけになっていると嘆いた。


きーポケが思うに・・・

今のテレビや新聞を含めた日本の各メディアが

政府の顔色ばかりを伺う姿勢が余りにも強すぎる。

本来 メディアは、政府や権力者を批判してこそ

その存在価値があったのではないか。

政府の顔色を伺って ご機嫌ばかりを取っているから

政府はいつの間にか、自分たちには権力が有るんだと

大きな勘違いをさせてしまうのだ。

言うまでもなく、政府は単に国民の代表者というだけの事。

それは芸人さんたちにも当てはまるのではないだろうか。

無邪気な笑いや明るい笑いなど、そんな笑いの中に

ちょっとした風刺がピリッとあって然るべきものだと考える。

その意味もあって

今回のウーマンラッシュアワーさんの漫才は

今のメディアの風潮に大きな一石を投じたのだと思う。

ただ 言葉が余りにもストレート過ぎた感はあるが

若い二人が下手に大人びた枯れた言葉を使ったとしても

逆に浮いてしまって 面白くなかったかもしれないとも思う。

若いゆえに今の彼らの漫才は発展途上なのだろう。

今回の二人の姿勢は もちろん、今後の二人の漫才に

大いに期待させるものがあったことは確かです。


そして、YouTube上にあった その漫才の映像が、

すぐ削除されてしまったと言う現状にも、

何かの力が加わっているのだろうか。

それともう一つ・・

どちらかというと政府寄りと言われるフジテレビが

それこそ内部で賛否両論あったはずだが

結果 この漫才を放送したということに敬意を払いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

iPadのリカバリ

2011年の夏に、つれあいが 次女に付き添ってもらって

カリフォルニア州はサンタクララのアップル ストアーで

購入した「iPad 2」が

この頃では あれこれの反応が鈍くなってきて

イライラさせられることは しょっちゅうだし

時々 突然に画面が真っ暗になったりもする。

「iPadの変遷」なんかで ちょっと調べてみると

「iPad 2」は iPadシリーズの第2世代になるらしく

今では相当古いといえる機種になっているようだ。

Ipad

《 iPadモデルの変遷 》

◆2010年  4月  3日:初代iPad 発売

◆2011年  3月11日:iPad 2 発売(第2世代)

◆2012年  3月16日:新しいiPad(第3世代) 発売

◆2012年11月  2日:iPad(第4世代)とiPad mini 発売

◆2013年11月 1日:iPad Air(Retinaディスプレイモデル) 発売

◆2013年11月12日:iPad mini 2 発売

◆2014年10月20日:iPad Air 2とiPad mini 3 発売

◆2015年11月11日:iPad pro 発売

◆2017年  3月25日:iPad pro(9.7インチの廉価版)発売。



2011年以後の わずか約6年の間に

「mini」「Air」「pro」等々と

1年毎くらいに「iPad」の新機種が売り出されている。


Apple社の商魂は ともかく

きーポケの ” 夜の眠りのお供 ” くらいなら

多少 古くなった「iPad 2」でも十分に役には立つのだが

突然 画面が暗くなったりする事がなくなれば・・とか

出来れば もう少し反応が早くなってくれれば・・とかの

希望を込めて、「iPad 2」のリカバリー(出荷時に戻す)

作業をすることにした。


この「iPad 2」内に

保存して置きたいファイルなどは特になく

初期化が済み「iPad 2」の基本データを復元出来たら

ブラウザの「Safari」と 動画鑑賞用の「YouTube」

ラジオの「ポッドキャスト」くらいをインストールして

きーポケの ” 夜の眠りのお供 ” には十分なのである。


Windows」パソコンのリカバリーなら

これまでに何度も こわごわながらも経験してきているが

Apple製品のリカバリーは初めてなので多少の不安はある。

それでも まぁ、多少古くなって ” 夜の眠りのお供 ” 程度の

「iPad 2」なのだから、案外 気楽に出来そうかも・・。


あれ! もう終わったの?・・っていうくらい

「iPad 2」の「リカバリー」作業は早く終わった。

何度か経験した「Windows」パソコンの「リカバリー」は

6〜7時間くらいの作業時間がかかったと記憶しているから

もっと長い時間を覚悟していたのだ。


結果・・

リカバリー前の「使用ストレージ」は3/4ほどだったのが

リカバリー後の「使用ストレージ」は1/10くらいになった。

空き容量が確実に増えている。

だからといって、最も期待していた”反応の早さ”に関しては

目に見えるほどの違いがないのは ちょっと残念。

突然 画面が暗くなる現象に関しては

今の所 その症状は出てきていない・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

眠る

「歳を取ると 夜 眠れなくなる」という事をよく耳にする。


きーポケの場合は

夜も よく眠れるし、昼寝までしているから

寝過ぎて かえって早くボケるんやないやろか・・と

心配になるほど 十分に 睡眠は取れている。

ところが そんな睡眠十分な きーポケでも

時々 月に一度くらいか

夜 なかなか寝付けなくなることがあったりもする。

Photo
サンタクララの犬たち・・。

まだ 仕事をしていた頃には

次の日の 面倒そうな仕事の段取りを考えていていたら

眠れなくなったことも度々あったし

隠居の身の禁煙5年が過ぎた今でも

強くタバコを吸いたくなることがあって、夜中に悶え

やっぱり 眠れなくなる事もある。

Photo_2

ミナミクサツの犬たち・・。

ゆうべ、夜中の3時頃まで眠れなかった・・。

眠れない理由が 特に思いつかない・・。

仕事はもうやめているし、

タバコのことも、ゆうべ 特別に 強く思ったわけでもない。

ありがたい事に、今 身の回りに大きな心配事もないし

だから、『なぜ今 眠れないのか』を

眠れないままに考えてみた。

あれこれ考え、何となく小さな結論に至りそうになった頃

眠りに入っていた。

朝 その事を思い出してみる。

心と身体には、それぞれの眠りに入るスイッチがあって

何故かその夜は、その二つのスイッチがズレてONになり

心と身体が上手く同時に反応しなくて

それで なかなか寝付けないのではないか・・。

ただ 二つのスイッチのズレた理由は分からないままに・・。

幼稚で単純、分かった様な 分からない様な そんな結論が

出たあたりで、きーポケは ようやく眠りに入れたのだった。


はっきりしている事が一つある。

眠れない事を意識したら、余計に眠れなくなる。

どうやら きーポケは、修行の足らなさが幸いしてか

十分な睡眠を取ることが出来るが

残りの人生は軽薄短小に送りそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

むかし・・この道

つれあいと一緒に歩く朝の散歩以外にも

ときには 一人で近所を小一時間ほど歩くこともある。

今日は散歩のついでにスマホで使うイヤホンを買おうと

歩いて30分ほどのところにある家電店のエディオンまで

開店時間の10時の頃合いを見計らって出かけた。


遠い 遠い むかしの・・まだ つれあいと所帯を持つ前の

50年以上も昔のキーポケは、花のお江戸の大東京で

お気楽にプー太郎な毎日を送っていた。

そんな頃、大阪に暮らす 所帯を持つ前の つれあいの父親の

新しく始めた仕事を手伝わないかという誘いがあって

プー太郎で軽薄なキーポケは 深く考えもせずあっさり了承し

大阪で暮らすことになった。

数年後には義理の父親になるはずの その人の元で

何もわからないまま仕事を始めた。

朝 つれあいの父親と二人で、自宅から自転車に乗って

家々の間の曲がりくねった細い裏道を

元請けの会社まで通った。


その頃の きーポケは

どんなに環境が変わっても やっぱりプー太郎のままで

だから 数ヶ月でケツを割ってしまい

結局 つれあいの父親の夢と期待を裏切ってしまった。



今日 歩いたエディオンまでの その道が

遠い昔に義父と自転車で毎朝通った裏道なのです。

歩きながら そんな事を思い出し

今 きーポケが当時の義父の年齢を超える歳になって やっと

義父の想いに至れるのです。

もう 遅いよね 親父さん・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

スマホへの保存の仕方は難しい

70歳を超えたきーポケも知らない歌手の方々が歌っていた

遠い昔の流行歌を昼寝や散歩の時に聴こうと

そんな歌を あれもこれもと集めて保存している。

正確な数は分からないない。

200曲くらいは保存したか・・。

きーポケが持っているスマホのモバイルデータ通信量は

1GBと極端に少ない契約だから

昼寝時などの家の中でのWi-Hiで聴く場合は問題ないが

散歩の時などの外出時は

1GB契約のモバイルデータ通信のオンライン利用では

とても怖くて聴けない。


だから 昔の流行歌をスマホに保存して

散歩の時などにオフラインのままでも聴けるようにと

2種類の音楽再生アプリをスマホにインストールしている。

「Clipbox」と「OPlayer Lite」という無料アプリだ。

Oplayerliteclipbox_3

「Clipbox」の場合・・

スマホの「Clipbox」内のYouTube で目的の「歌」を探し

『お借りしまーす!』と一声 発して

そのままダウンロードすれば、割と簡単に保存が出来る。

ただこの場合、音声と一緒に映像までもが保存される。

素人考えだが、音声と映像が一緒に保存されれば

保存容量が音声だけよりも大きくなるように思うのだが・・。

まぁ それでも、便利だから利用している。

(「Clipbox」の現在の使用容量1.22GB)。


もう一つのアプリ「OPlayer Lite」。

このアプリの操作、きーポケにとって 少々ややこしい。

もう何度も このアプリで保存をしているのだが

いまだに 操作の手順を覚えられず

その都度 メモを見ながらの作業が続いている。

「Offliberty」とか「Macx YouTube Downlodder」とかの

2つのアプリのどちらかを利用して、まず

MacパソコンのYouTubeから保存する「歌」を選び出し

『お借りしまーす!』と一声 発して

一旦  Macパソコン内に保存しておく。

一旦 保存した「歌」の拡張子は「mp4」。

次に、右クリックを使いながら

「mp4」の拡張子を「m4a」へ変換する。

そのあとMacパソコンの「iTunes」を利用して

「m4a」から「mp3」に もう再度 変換する。

ややこしいよ〜。

拡張子が「mp3」に変換できた「歌」を

Macパソコンの「iTunes」と

スマホ内にインストールしている「OPlayer Lite」アプリを

WI-Hi転送で共有させて

スマホに「歌」の保存が完了するのである。

(「OPlayer Lite」の現在の使用容量421.7MB)。

ほんま ややこしいよぉ〜。


きーポケが必死こいて やっている操作方法以外にも

別のやり方や使い方も あるのかもしれないが

今のきーポケには これで精一杯なのでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

流行歌

人間 70年も生きてくると、多少の個人差はあるとはいえ

グダグダと たわいもないことを

そのうえ何べんも同じ話しをしているのかもしれない・・

などと思いながらも、

今日もまた 昔の古い話を織り交ぜながら・・・。


ロカビリーや歌謡曲、演歌やロック、その時代 時代に

テレビやラジオなどから流れてきていた音楽は

何となく耳に入っては来ていたが

生きてきた これまでに一度も レコードやテープ

CDなどを、自分で買った事がないほどに

きーポケは若い頃から、音楽には あまり興味はなかった。


そんなキーポケだったのに

数年前の隠居になる年齢の頃あたりから

ちあきなおみさんや倍賞千恵子さんの歌を聴くと

なぜか心地よく、だから大好きになった。


そのうち、そんなお二人より少し前の世代の

三橋美智也さんや春日八郎さんなどが歌う歌謡曲も

「案外 ええやん・・」と思うようになってきた。

きーポケが まだ生まれていない昭和10年代あたりから

終戦後の昭和20年代前半頃までに作られて

蓄音機やラジオから流れていただろう流行歌がある。


戦後生まれの きーポケには

そんな流行歌らをリアルタイムで聴いた記憶はないのだが

その頃の歌声を 今 You Tubeなどで 聴いていると

なぜだか気持ちが和み ほっこりとした心持ちになってくる。

レコードに針を置く音、バリバリと鳴る雑音なども含めて

なぜだか懐かしい。

だから今は、散歩のお供や昼寝の時の子守唄に

そんな流行歌らを聴いている。



例えば たとえば・・『いとしあの星』(昭和15年)

歌:渡邊はま子さん

https://www.youtube.com/watch?v=PRdvUAQYDk0



例えば たとえば・・『誰か夢なき』(昭和22年)

歌:竹山逸郎さん・藤原亮子さん

https://www.youtube.com/watch?v=6qcU8nzCIro



例えば たとえば・・『相呼ぶ歌』(昭和15年)

歌:霧島昇さん・菊池章子さん

https://www.youtube.com/watch?v=qKp94eT-7-U



例えば たとえば・・『流れの旅路』(昭和23年)

歌:津村謙さん

https://www.youtube.com/watch?v=x9ZkO-dPrco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

反省の時間?

きーポケブログに、未来の話は ほとんどない。

後ろを振り返る話ばかりだ・・。

Photo

出不精なうえに ものぐさ者の きーポケには

明日とかへの前向きな話など あるはずもない・・か。


だからか ブログを進めていくなかで

いつも ちょっと後ろめたいような 思いがあったりする。


昔を懐かしがり振り返ってばかりのブログの更新では

恥じるとか戒めるとかの そんな感情が

気持ちのどこかにあったりする。

ほんのかすかだが あったりする。

開き直ればいいんだと思っても

やはり何処かに あったりする。


だからと云って

残りの人生を諦めているという訳でもないわけで・・

お昼寝中は、どうやら きーポケの反省のお時間らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

『きんさんです!』

この頃のテレビは つまらない番組が多過ぎる。

それにつられてか、流れるコマーシャルまでもが面白くない。

そんな中でも、時々きーポケの心をくすぐるコマーシャルも

あったりはする。


もしかしたら関西方面だけに流れているコマーシャル

なのかもしれないが、そのコマーシャルは

アニメマンガの元気で可愛いトラが米屋さんの前掛けをして

『きんさんです!』、『きんさんです!』と

繰り返すコマーシャルがある。

春の場面。
Photo

夏の場面。
Photo_2

秋の場面。
Photo_3

何ともいえず このトラ、屈託がなく 満面の笑顔で

元気に商売に頑張っていて、春・夏・秋と元気よく

『きんさんです!』と声掛けをしていたのに・・

冬の場面。
Photo_4

最後の冬の場面では さり気なく寒い息を吐きながら

『きんさんです!』と云うトラキチの笑顔の面差しに

人懐っこさと哀愁とを感じるのは、きーポケだけ、だろうか。


そんなトラキチが愛おしいくて、このコマーシャルになると

つい手を止めて見てしまう。


昨日までのきーポケは

コマーシャル画面のトラキチの横には

茶碗に山盛りの白いご飯が置いてあるから

てっきり どこかの米屋さんの、宣伝だとばかり思っていた。

ところが改めてこの記事を書くにあたって

ネットで調べて見たら

何と!「近畿産業信用組合」という金融機関の

コマーシャルだったことを知った。

Cm

そう云えば、秋の場面と冬の場面との間に

提供する内容のプレート画面

( プレゼント付定期預金”とらきち”の贈りもの )

は出てくるし

最後の場面にも「近畿産業信用組合」の名前が

ハッキリと表示されている。


可愛いトラキチ君に見とれて

単純な”思いこみ”をしてしまうことなど

きーポケには よくある話ではあるが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

ワガママか了見の狭さか・・

出不精で ものぐさ者の きーポケの数少ない趣味の一つが

居間の読書専用ソファーに座って

オンラインショップで購入した中古の文庫本を読むことだ。


きーポケも以前には

色々なジャンルの小説を読みたいという意欲はあったが

年齢的に残り少ない人生のワガママからなのか

それとも きーポケ本来の了見の狭さの現れからなのか

きーポケが読む文庫本は いつの間にか

ハラハラ、ドキドキ、ワクワクするような

エンターテイメント性豊かで肩の凝らない

娯楽小説ばかりとなってしまっている。


その上に この頃では、そんな娯楽小説の中でも

きーポケの好みに合う文庫本が

どうにもこうにも 少なくなってきているように思う。

きーポケが好む文庫本の幅が狭くなってきているからだろう。

このままでいけば いつか

きーポケが読みたいと思う文庫本は

まったく無くなってしまうかもしれない。


・・が それでも、今までだって

何度も読み返したくなるほど大好きな文庫本を

本棚に何冊も残しているから

まぁ 安心といえば安心なのだが・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »