« これが最後の「男の友情」のこと・・ | トップページ | ワガママか了見の狭さか・・ »

2017年11月24日 (金)

江戸時代の古地図

きーポケの読書コーナーのソファーの横の棚には

時代小説を盛んに読み始めた頃に購入した

江戸の古地図本が置いてある。

この復刻版古地図のタイトルは『江戸東京散歩』。

人文社 発行で定価2,400円。

Photo

この古地図の原本は、嘉永二年(1849年)頃に彫られ

文久三年(1863年)頃に改正もされている。

版元は尾張屋清七 ・江戸麹町六丁目 とある 。

アメリカの黒船4隻が浦賀沖に来航したのが嘉永六年

地図が改正されている文久三年頃から わずか五年後には

明治元年という そんな時代の江戸の町を表した古地図と

現代の同じ場所の地図とを比べるように

見開きになっている。


そんな古地図を開きたくなる時・・

例えば・・

きーポケが大好きな『風の市兵衛』シリーズの第1巻

第1章の始まりの文章に・・

『 裏神保小路の土塀が続く武家屋敷地を

一ツ橋通りの辻から西へ四半町(約二十七メートル)ばかり

雉子橋通り方向へ過ぎた一画に

旗本 高松家の屋敷が ひっそりと佇んでいる。・・・』

・・とある。

渡り用人を生業とする この物語の主人公・唐木市兵衛が

請負先の高松家に初めて顔を出すために通る道筋を

表現した文章である。

Photo_2

それを読む時 きーポケは『江戸東京散歩』のページを開き

老眼鏡をかけた上に

天眼鏡を取り出し細かな文字を追っていく。

「切絵図 索引」内の「町名・橋・坂など」の項目の中に

「裏神保小路」が見つかった。

(この索引に名前の無い場所も多いのだが・・。)

「裏神保小路」・・・索引によると切絵図の14 ページ

七ー二とある。14ページを開き

横の”七”、縦の”二”の交差する辺りの道に

「裏神保小路」の文字が小さく彫られている。

見開きの隣の”現代図”の方を見ると

地下鉄・神保町駅の交差点辺りになるようだ。

古地図上の裏神保小路と書かれた辺りから

「土塀が続く裏神保小路と一ツ橋通りが交差する辻を

西の雉子橋通り方向へ四半町(約二十七メートル)ばかり

過ぎた辺りに・・」と指で辿っていくと

「立田主水正」、「太田内蔵頭」、「西尾忠左衛門」

「中山某」、「都築長三郎」などの武家屋敷の名前はあるが

この物語に登場する旗本・高松家の名前は見当たらない。

当然なのだ。

架空の物語なのだし、第一 少し時代も違うのだから・・。


それでも、江戸時代のこの辺りの雰囲気が伝わってくれば

それでも、市兵衛さんと肩を並べて歩く想像が出来れば・・

きーポケは それで 十分。

|

« これが最後の「男の友情」のこと・・ | トップページ | ワガママか了見の狭さか・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の古地図:

« これが最後の「男の友情」のこと・・ | トップページ | ワガママか了見の狭さか・・ »