« 「iPhone 7」 | トップページ | 「コメント」考 »

2017年10月20日 (金)

立憲民主党

『 自民党の安倍首相との対立は「保守」VS「リベラル」という

対立図式ではないのです』と

今回 新しく「立憲民主党」を立ち上げた枝野幸男さんは

選挙戦で訴えている。

枝野さんの言葉を借りると

元々「保守」と「リベラル」とは対立軸にはないという。

Photo

枝野さんは云う。

仮に二つの政治体系があるとして

一つは「上から下へ指示を降ろす」政治手法。

もう一つは「草の根からの意見や要望が上を動かす」政治手法。

一つ目の政治手法は今の安倍強権政治の形であり

二つ目の手法が枝野さんが目指す政治手法だという。



自民党は「保守」だと言われている。

しかし 枝野さんは、今の安倍政治を危惧されている。

数の力をもって 性急に憲法まで変えようと

「上から下へ強引に指示を下ろす」そんなやり方は

決して「保守」のやり方のはずがない。

そんな強引で性急な政治手法を取るのは

「革新」でしょう・・と云う。



枝野さんの考える「リベラル」とは

多様な価値観の自由を認めること。

また「保守」とは

歴史と伝統を重んじ 急激な変化を求めない。

積み重ねてきた物事を大切にし

少しずつ世の中を良くしていく。

枝野さんは云う『私は保守でありリベラルです』と。


自由を大事にして 多様な価値観を認め

お互いを大切にし支え合うこと。

これはリベラルであると同時に保守なんですよ・・という。



このような枝野さんの政治観が

きーポケじーさんの胸にストン!と落ちてくる。




選挙が終われば 終わったで

枝野さんの忙しい毎日は続くと想像するが

しかし それでも 少しの間 枝野さん!

少しの間でもいいから

『エダノ 休め 』。

|

« 「iPhone 7」 | トップページ | 「コメント」考 »

日々」カテゴリの記事

コメント

 立憲民主党の人々は他の旧民進党の政治家と違って、すじを通した、と誤った評価を受けていると思う。元々、極左の核丸派や中核派などから支持を受け、資金提供も受けている、暴力革命を狙っている人々です。この様な人々がいま国民の前で仮面をかぶって、尤もらしいことを云っていることを肝に銘じる必要があります。

投稿: 工藤 洋 (84歳) | 2017年10月20日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1715575/72012509

この記事へのトラックバック一覧です: 立憲民主党:

« 「iPhone 7」 | トップページ | 「コメント」考 »