« アンケート | トップページ | 「YouTube」動画 »

2017年10月14日 (土)

選挙戦序盤の情勢

衆議院選挙の序盤の情勢を ちょっと調べてみました。

選挙前の安倍政権内には様々な問題点があって

選挙をすれば解散前の勢力より はるかに少なくなるだろう・・と

なんとなくそんな雰囲気だったように思っていました。

そして その落ち具合によっては安倍さんの求心力も無くなって・・

とまで云われていました。

何しろ選挙前には「自民公明で過半数をしっかり取る」と

なんか弱気な発言などがありましたから・・。

選挙戦の1/3が終了した現時点での

テレビやネットなどでの選挙戦の情勢を見てみると・・

自民党の二階幹事長が

与党優勢を伝える各報道の選挙序盤の情勢調査を受けて

『一喜一憂することなく、今後も万全の体制で取り組め・・』

との通達を自民党全候補者に出したというくらい

自民党の現時点での情勢は予想以上に良いという事のようです。

「共謀罪」や「安保法案」、「秘密保護法」などの

半ば強引な採決、「モリ・カケ」の問題も

丁寧に説明するといいながら

結局うやむやなまま終結をさせました。

身内の与党議員の様々な不祥事も起きました。

何より日本全体が”右”に傾き過ぎてしまいそうです。

それでも国民の多くの人達は

安倍政治をこのままで ”可” だというのでしょうか。

では安倍首相を”可”とする人達は

いったい安倍政治に何を求めているのでしょうか。

「モリ・カケの問題など小さなことではないか

もっと大きな国政に係わる諸問題があって

何よりも景気回復が第一だ」という意見を

聞いたり見たりしますが

モリ・カケの問題が小さなことだというのなら

その小さい事さえ解決できないままの安倍政治に

どんな大きな仕事が出来るというのでしょう。

アベノミクスとやらを4年も5年もやっているのに

景気の回復は一向に市民のところまで

降りて来る気配がありません。

まぁ そのうち、モリ・カケの問題や議員らの不祥事などは

何事も忘れやすい国民の事だから うやむやの内に終わらせて

ちょっとした美辞麗句をスローガンに並べて

あとは信介ジーさんが言ってたアメリカのポチになって

強引に数に頼んで右寄りになる法案を次から次と通せば良いと

安倍さんは考えているのでしょう。

そんな安倍首相の本音がはっきりと見えているのに

今後も安倍さんを首相に座らせて、安倍政治を支持する人達は

いったい何を期待しているのでしょうか。

選挙戦は まだ残っています。

残っています。

|

« アンケート | トップページ | 「YouTube」動画 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙戦序盤の情勢:

« アンケート | トップページ | 「YouTube」動画 »