« 庭の手入れ・・その後 | トップページ | 選挙戦に入る »

2017年10月 8日 (日)

騒々しい

今、永田町辺りが騒々しい。

テレビやWebでの、そんな騒がしい報道などを毎日見ていると

隠居の身であるきーポケといえども

そんな馬鹿っ騒ぎに つい文句を云いたくなってくる。

とはいえ きーポケには

その云いたい文句をどう表現すればいいのかが分からない。

何しろきーポケには

語彙(ごい)とか ボキャブラリーとかが乏しいから

だらだらと だらだらと書いていくしかない。

Photo_2

まず・・自民党の安倍首相、菅官房長官や その仲間たちは

まだ未解決のままのモリ・カケ疑惑や

『このハゲー!』に代表される自民党議員さんたちの様々な

不祥事が重なって支持率が急落したが

第3次安倍内閣の改造や、北朝鮮のミサイル問題で必要以上に

国民への恐怖心をあおり

一見 強気そうに見せて相手を挑発する発言などもあって

何故か、なぜか 国民の支持率が再び上昇する不思議があった。

今なら 勝てないまでも 負けないだろう・・と考えたのだろう。

安倍首相や仲間たちだけの都合で衆議院を解散してしまった。


次に・・日本国憲法の擁護を明記し

”平和の党”と自ら主張する公明党だが

与党にいれば ”うまい汁” が吸えるからか

自らの主張を自らがゴマカしてでも自民党と連立を組み

先の国会の「安全保障関連法案」でも自民党に与して法案を

成立させた。

せめて公明党には、連立与党内での抑え役的な立場を

期待するのだが、「日米安全保障条約」については

”段階的解消”→”即時廃棄”→”当面存続” などと

与党 公明党の主張は変わっていく。

「自衛隊問題」や「元号法制化問題」などでも

言うことが揺れ動き、日和見的とも云える状態だろう。

現委員長の山口那津男氏などは田舎芝居の座長のようで

どこか間延びした ”したり顔” には、今の公明党の軽薄さと

姑息さが見え隠れしている。


新たに発足した「希望の党」だが

衆議院が予想以上に早く解散となり

小池東京都知事や前原(元?)民進党代表が慌てふためいて

何とか形を整えようと必死の様子である。

民進党のままで選挙になると ちょっとヤバくなりそうだから

『仲間に入れて』と小池人気を当てにしたか希望の党に

申し込んだ民進党代表。

申し込んだ方も節操はないが、申し込まれた方も

踏み絵を踏ませる形をとるなどをして見せたが、言葉遣いも

態度も高飛車な印象を世間に与えてしまった事もあり

ここにきて少し 世間の目は厳しくなったようにも感じる。

何事も簡単にはいかない小池東京都知事や前原民進党代表

何しろ 時間がない、時間がない、時間がない。


「希望の党」には”入れなかった”のか ”入らなかった”のか

とにかく枝野幸男(元)民進党代表代行ら数人が

「立憲民主党」を立ち上げた。

党名に”立憲”がつくとは いささか古臭い印象はあるが

その文言をどうしても付けたかった気持ちは十分に分かる。

せめて”リベラル”と言われる人達には

現 安倍一強をも含めて、何かにつけて右寄りになりがちな

日本の進む方向性に

少しでもブレーキをかけられる力を付けてもらいたいと

願っている。


大阪で暮らしていると嫌でも目についてしまう橋下徹氏と

松井大阪府知事。

相も変わらずこの人達は、少しでも存在感を示そうとしてか

片手 片足、そして人を小馬鹿にしたような荒い言葉遣いで

口を挟んでくる。

何をか言わんや、云わんや、いわんや・・。


兎にも角にも、そんな こんな騒ぎを「政界再編」だと云えば

聞こえはいいが、要は永田町界隈の与党の人達が

臭いものには とりあえず蓋をして政治を一時ストップさせ

多額の金を使い、世間を巻き込み、自分たちの都合だけの

ための数合わせの陣取り合戦をやっているのだ。

国民目線に立って政治をしてくれているようには

決して思えない・・。

願わくば 日本の責任政党が、例え 「保守」であっても

「リベラル」であっても

その中で自由に意見が交わせる政党であってほしいと考える。

人々にはいろんな考えがあるわけで

”忖度”をさせてしまう政府の圧力も含めて

責任政党に都合の良い考えを権力で押し付けるのは

戦前の軍事色が強かった日本を連想させてしまう。



|

« 庭の手入れ・・その後 | トップページ | 選挙戦に入る »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騒々しい:

« 庭の手入れ・・その後 | トップページ | 選挙戦に入る »