« 小冊子 | トップページ | ヒゲを剃り落とす »

2017年9月16日 (土)

愚か者

カリフォルニア州に暮らす次女が

メリーランド州の日本人のお友達と二人で発信している

「人と動物が共存してゆく為の様々な情報を提供する」

というラジオ『アニマル・レスキュー・ラジオ in USA

の第2回目の放送をYouTubeで聞いていて

驚いたことがある。

それは、 猫を飼う人の中に

飼い猫の爪を切り取る人がいると云う。

爪を切るのではない。

爪を引き抜くのでもない。

爪を含めた指の第一関節から先を

切ってしまうことのようだ。



無知な きーポケをさらけ出すようだが

初めて その事を知った。


・・・ショックで 言葉もなかった。



少し経って、どうにも信じられず

どういう事かとネットで調べてみた。


猫の本能である爪を研ぐ行為が

家の柱や壁をボロボロに傷つける。

子供が猫と遊んでいて爪で引っかかれ

手や顔に傷をつけるし

もしも 爪が目にでも入ったらと思うと心配になる。

どうやら そんな理由から らしい。


しかし そのようなことで猫の指を切る という行為は

人間の身勝手なエゴとしか言いようがない!


人を含めた生き物は

皆 他の植物や動物の命を糧にして生きている。

が しかし、この事と猫の指を切る行為とは

全く別の事。

爪があるから猫は猫らしく飛んだり跳ねたり出来るのに

猫としての動きを出来なくさせ

猫の尊厳をも奪う人間の愚かで傲慢な行為だ。


壁や手や顔などの傷はいくらでも補修や治療ができる。



子供には猫との接し方を知ってもらい

猫の尊厳を守って触れ合っていれば

自ずと良い関係が出来るはずだ。



他者の痛みや辛さや命の尊厳を

想像することさえさえ出来ない愚か者に

生き物の命を預かる資格はない。




どこかの国の何とかという総理大臣も

そんな資格のないヤツだ!


自分や その仲間らだけの

都合や旨味のことしか考えない政治なのに

猫の指を切ることに何も疑問を持たない国民などが

口先だけの 一見 丁寧そうな美辞麗句に騙される。


|

« 小冊子 | トップページ | ヒゲを剃り落とす »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1715575/71726565

この記事へのトラックバック一覧です: 愚か者:

« 小冊子 | トップページ | ヒゲを剃り落とす »