« 男兄弟 | トップページ | 見えない壁 »

2016年3月16日 (水)

ちょっとづつ 老いて行こう

自宅にいる時の昼めし代わりにリンゴを食べるようになって
1年以上が過ぎた。

それも普段は1個のリンゴを半分に切り分け
つれあいと半分ずづ。

皮など剥かずに 丸かじりで食べる。


時たま小振りなリンゴの場合などに
『今日は小さいから一人一個ずつ食べようか・・』などと
つれあいが言う。

半分に切ったリンゴは食べるのに さほど難しくはないのだが
1個の丸いままの
皮を剥かず洗っただけのリンゴを丸かじりで食べる事が
この頃 そう簡単でなくなっている自分に気付いた。

Photo

それは・・・
大きな口を開けられなくなった?
噛む筋力が衰えてきた?
歯もガタガタで歯茎も弱っている?

そんな こんな、原因は重なるようにある。

とにかく、
若い頃は ガシッ!と大口で、果汁が飛び散るくらいの勢いで
リンゴの
丸かじりが出来ていたのに
私の衰え始めた口や歯では、大きく丸いリンゴの果肉に
力強く食い込む事が難しくなってきているようだ。

そんな ちょっとした思いから
自分の衰え始めた事々を一つ一つ数え上げてみようと思ったが
それは多すぎるほどあって 切りが無い。

それでも2、3上げてみると・・。

芥川堤道への散歩に出かけるときなどに
腹も出ているが 何より身体が硬くなって
ウォーキングシューズの紐が結びにくくなったと感じる事。

我が家の階段で
手摺りや壁に手を添えて、一歩一歩の意識をしないと
何となく安定して階段の上り下りが出来なくなっている事。

道路の少しの高低でも、たたらを踏んだり、
つまずきそうになったりするのは、いつもの事。

・・・e t c 。


人が 老いて、心身共に衰えていくのは 当たり前。
幼い子供が、あんな事が出来るようになった
こんな事も出来るようになったと
それは とても嬉しい事々だが
それでもいつか、老いは少しづつやって来る。

「隠居見習い中」の私ゆえに、少しづつ老いが来始めたのを
実感する。
それでもそれは 決してマイナスには
考えない事にしている。

老いて来たら ちょっと開き直って
どんな事々が出来なくなったか自慢するくらいが
ちょうどいいんじゃぁないか・・
そんな風に思ったりしている。

ちょっと身や心に
ボケっぽく、衰えっぽくなって来た・・くらいの今が
何より私にとって一番 楽に暮らせているように思えるのだ。



今日の散歩・・・9,800歩。

 

|

« 男兄弟 | トップページ | 見えない壁 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとづつ 老いて行こう:

« 男兄弟 | トップページ | 見えない壁 »