« 両陛下の慰霊の旅に想う | トップページ | 「養生訓」 »

2016年1月28日 (木)

両陛下フィリピン訪問・その2

昨日の「フィリピンを訪問中の天皇・皇后両陛下」の話の続き・・。

フィリピンを訪問中の天皇・皇后両陛下は、27日夜 アキノ大統領主催の晩餐会に出席されたという。

Photo_4

首都マニラにある「無名戦士の墓」を訪れ、太平洋戦争で犠牲になったフィリピンの人々を悼み、深々と拝礼された。


その晩餐会で天皇陛下が述べられた「おことば」と、
アキノ大統領の「あいさつ」の文言を新聞で読んで、私の目頭は熱くなった。

決して私は「天皇崇拝者」でも「国粋主義」でもない。

陛下の「おことば」の文言の中に『フィリピンの地を再び踏みますことは、皇后と私にとり、深い喜びと・・』と、
長く 支え、支えられてきたであろう「つれあい」の美智子皇后への、信頼とか尊敬とか愛しさとかを素直に表現される陛下はかっこいい。

Photo_5

また、
『先の戦争で貴国の多くの人々が命を失い傷つきました。この事は私たち日本人が忘れてはならない事であり、この度の訪問においても、私どもはこの事を深く心に置き、旅の日々を過ごすつもりでいます。』という「おことば」に陛下の一貫した平和を願う御心が現れている。



アキノ大統領の
両陛下への「あいさつ」でも、生まれながらにして天皇家という重荷を背負い、大きな犠牲を払われながらも責務や義務を果たし、ご誠実さ、優美さを失うことなく、生涯をかけた献身で・・』と両陛下に感銘を受けている事がわかる。


Photo_6


|

« 両陛下の慰霊の旅に想う | トップページ | 「養生訓」 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下フィリピン訪問・その2:

« 両陛下の慰霊の旅に想う | トップページ | 「養生訓」 »