« ITにも限度が・・ | トップページ | 両陛下フィリピン訪問・その2 »

2016年1月27日 (水)

両陛下の慰霊の旅に想う

天皇・皇后両陛下は昨日からフィリピンをご訪問中だ。

フィリピンは太平洋戦争時の激戦地であり、その激戦の中で多くのフィリピン国民を犠牲にし、米国人、
日本人の尊い命が失われた。
そんな多くの亡くなった方々の
慰霊の碑を訪れるという。

Photo

両陛下の「慰霊の旅」は平成6年に小笠原諸島の硫黄島、平成7年には広島、長崎、沖縄などの日本国内各地の激戦地に出向かれた。


平成17年にはサイパン訪問、
昨年はパラオなどの太平洋諸島の国々での戦いで亡くなった方々の慰霊のため訪れた。

そして今回 フィリピンへの慰霊の訪問となった。

Photo_2

天皇・皇后両陛下は一貫して先の大戦と向きあい,過去の日本が行った傲慢で身勝手な侵略を反省し詫び、亡くなられた方々への慰霊の訪問を続けている。

両陛下の行動は あたかも 今、「戦争が出来る国づくり」を強引に推し進め、
まるでもう戦前に戻りそうな気配さえする安部政権に危機を感じた年老いた両親が、「出来の悪い息子」の尻拭いでもするかのように、老いた身体を励ましながらの「慰霊の旅」を続けておられる・・そんな感じさえしてしまう。

Photo_6



政府に不都合な内容が「秘密として指定」されると、
国民には知る権利が無くなる。
そんな
「特定秘密保護法案」が平成25年に成立した。

その後の新聞やテレビなどへの政府の身勝手な報道規制が続き、結果 各メディアの腰が引けて、自由な報道が出来なくなったような気がする。


そして記憶も新しい昨年秋の「
安全保障関連法案」の委員会を強引に審議を終了させ、自民・公明両党などの賛成多数で成立させた。

今夏の参院戦後には「
おおさか維新の会」にも声をかけて、憲法9条をも「戦争が出来る国」に向けて変えてしまう恐れさえある。

Photo_4



国民の格差は拡大し、非正規労働者は増え続ける。
国内の原発再稼働と
原発の輸出という破廉恥な発想。
そして今 米軍の辺野古移設へ向けての強引な実力行使の真っ最中。


Photo_7

安部政権の支持率は今でもそれなりに高いという。

人の考えは「十人十色」、
「百人百様」だから、いろんな考えがあって良いが、それにしても、どこかキナ臭い安部政治を支持する人たちは、安部政治に何を求めているんだろうか。



今日の歩数・・・9,900歩。

|

« ITにも限度が・・ | トップページ | 両陛下フィリピン訪問・その2 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下の慰霊の旅に想う:

« ITにも限度が・・ | トップページ | 両陛下フィリピン訪問・その2 »