« 岬めぐり | トップページ | 矛盾している »

2015年8月16日 (日)

戦後70年

安倍首相の「戦後70年談話」を聞かせてもらった。

「植民地支配」や「侵略」、「反省」や「心からのお詫び」などの過去の前例で指定されたごとくの文言を、落語で演じる三題噺(さんだいばなし)のごとく "お題目”として適度に散りばめ、美辞麗句を並べられるだけ並べての”一般論”に終始している印象だった。

どうせ 過去の大戦への謝罪をするつもりなら、安倍首相 自らの言葉での謝罪であってほしかった。

政府与党が安保法案の強引な成立を目指すなか、安倍首相は昨日も自民党総裁として私費とはいえ靖国神社に玉串料を奉納し、多くの政治家も参拝した。

本気で先の大戦の「反省」や「お詫び」の気持ちがあるのなら、A級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝してはいけない。

靖国にA級戦犯が合祀されて以後、昭和天皇が終戦記念日の靖国参拝を行わなくなり、今の天皇も親拝を行っていないという。

Photo

昨日の
全国戦没者追悼式での陛下のお言葉の中に、「先の大戦に対する”深い反省”」という表現が盛り込まれていた。

天皇陛下がこうした表現を使われるのは異例と言えるようで、前日に安倍首相が発表した「戦後70年談話」の他人事のような”主語のない間接的表現”や”過去の引用に終始した姑息な逃げの表現”に対する警鐘が、天皇陛下のお心の中にあったのではないか・・と私などは思ってしまうが、どうだろう。


それにしても、人々には様々な考えや感じ方があるようで、安倍首相の「戦後70年談話」に対する国民の反応も、賛否 様々なようである。

『とても良かった』とか『すばらしい』とかの意見も多くあったようで、そんな感想を聞くと私など不思議な気がするが、お互い様なんやろか・・・。



今日の歩数・・・9,400歩。

|

« 岬めぐり | トップページ | 矛盾している »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年:

« 岬めぐり | トップページ | 矛盾している »