« 洪水 | トップページ | 例え話が理解出来ない・・ »

2015年7月22日 (水)

片棒を担ぐ

ここのところ チョット疑問に思うことがある。


先日の「安全保障関連法案」を半ば強引に衆議院を通過させたのは政府与党の自民党と公明党。

『平和の党・公明党』とのうたい文句で、政教分離とはいえ創価学会の100%の支持を受けている公明党。

創価学会といえば、
まだ私が若かった昭和30年代から40年代の頃には、広宣流布という(コウセンルフ:法華経の教えを人々に対して広く宣べて流布する事)学会員の勧誘が凄まじかったのを記憶している。

平和を愛し、弱い者の味方!その歌い文句は・・だから、公明党が自民党と組んで与党となったときに、『公明党は自民党のブレーキ役になれる・・』と豪語していたはずなのに、それは口先だけだったのか・・。

Photo

決して自民党のブレーキ役を果たしているとは思えんもんなぁ・・。


今後 その時々の政府によって、自分たちに都合の良い解釈が出来るという、中途半端な法案を通過させるために
片棒を担いだ公明党を、一般の創価学会の人達はどんな風に思っているのだろうか・・。

自分たちが応援する公明党を、平和の党とか 庶民の味方の党とか・・こんな事になった今でも そんな風に思えるんやろか・・。




与党って そんなに美味しいの?・・。

|

« 洪水 | トップページ | 例え話が理解出来ない・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片棒を担ぐ:

« 洪水 | トップページ | 例え話が理解出来ない・・ »