« 新しいカメラ | トップページ | 運転免許の更新手続き »

2015年5月25日 (月)

オンラインストレージサービス

私がパソコンで利用させてもらっているデータ保存の
オンラインストレージサービスは、
無料の「Dropbox」と「Evernote」のふたつ。

Photo_5    
Photo_2

先日 「Dropbox」が利用出来る上限に近い容量となって
いることに気付いたので、さて 新たに無料で利用出来る
オンラインストレージサービスを・・と探してみた。

オンラインサービスを行うための最初の登録作業や
その後の操作などが、「いつまで経っても初心者」の
私にでも、出来るだけ簡単に行えるオンラインストレージ
となると、思うようには見つからない。

もう慣れていいはずの「Dropbox」や「Evernote」などの
操作でさえ、今だに おぼつかない手探り状態の私だから。

そこでフッと思い出した。
私が今 使用しているパソコン「Mac OS X」には
「iCloud」というクラウドサービスがあったはず・・。
そこで「iCloud」がどのようなものかを調べていくと
「iCloud」の中に「iCloud Drive」なるものがあるらしい。

Iclouddrive

一度「iCloud Drive」なるものに登録し、操作の良し悪しを
経験してみようとしたら、「Mac OS X」のバージョンを
10.10.3に上げた上で「OS X Yosemite」なる何たらを
インストールして、それから「iCloud Drive」を・・・と
もう! ややこしいのだ!

それでも何とか気持ちを切らずに

長〜い長い 時間をかけて・・・

バージョンをアップし終えることが出来た。

ちょっと横道に話はそれるが・・
それまでの私の「Mac OS X」のバージョンは
10.9.?やったはずやけど
バージョンアップしたことによって10.10.3になった。

以前に、
Windows8のパソコンを『バージョンアップしたら?』
とWindowsの度重なる勧めにしたがって
Windows 8.1にアップしたら
まったく別物のごときWindowsのようになって
オロオロしたことがあったが、
「Mac OS X」をバージョンをアップしたら
やっぱり、Windowsの時ほどじゃあないけど
画面上などに ちょっとした変化があった。

バージョンをアップして「OS X Yosemite」から
「iCloud」内に存在する「iCloud Drive」を引き出して
とりあえず試しに
私がパソコンを始めた時から写し貯めた写真の数々を
ドラッグ&ドロップで「iCloud Drive」に移動してみた。

1枚1枚の写真をまとめた小さなファイルなどを
集めて作った「写真」という大きなファイルのまま
ドラッグ&ドロップで移動できるから
私のような「いつまで経っても初心者」でも
簡単に保存が出来た。

とりあえず・・よかったネ。

もちろん これまでに、何度も何度も失敗をして
大切なファイルを消してしまった経験があり
だからクラウドサービスだけに頼っているわけではなく
「Mac」の「Time Machine」を利用して
「外付けハードディスク」に「Mac」内の全てを
定期的に保存するようにしているのだ。

Photo_8  

パソコンに関して、『石橋は叩いて渡る・・』つもりに
している私だが、根本が「軽薄短小」ゆえに
必要以上の用心をしているわけや・・。

|

« 新しいカメラ | トップページ | 運転免許の更新手続き »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンラインストレージサービス:

« 新しいカメラ | トップページ | 運転免許の更新手続き »