« 赤信号? | トップページ | 大上段から斬り下ろす »

2014年12月 3日 (水)

文太さんも 逝ってしまった

菅原 文太さんが亡くなった。

追悼番組として文太さんがまだ若い頃に
出演されていたトーク番組
を放映していたが、
本番中なのに文太さんはタバコを吸っていた。
Photo

昔は 喫煙は番組中でも当たり前の光景だった。
街中に出てもタバコを吸ってる人は沢山いたし
今思えば、いい時代だった。

1980年代に平山雄氏が
WHO(世界保健機構)へ
タバコの害として受動喫煙に関する論文を提出したあと
日本では、政府と厚生省がそれに乗っかり
タバコを悪として排除への方針を進め
日本中にその雰囲気を作り上げていった。

その頃から、次第に建物内では禁煙となり
医者はタバコを悪者として必ず禁煙を勧め
当然テレビなどでもタバコを吸う場面は
視聴者に見せるわけにもいかなくなり
何かにつけて喫煙者は隅っこに追いやられてしまった。

いつの間にか・・
一生 タバコは止められないと思っていた私まで

咳が続けて出るようになったら
怖くなって軽率にも禁煙をすることになる。

・・なんか そんなことを考えながら
今の私は 自分の考えを・・まとめられない。



今日の歩数・・・7,900歩。

昨日までの禁煙日数・・・2年2ヶ月と6日。


|

« 赤信号? | トップページ | 大上段から斬り下ろす »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文太さんも 逝ってしまった:

« 赤信号? | トップページ | 大上段から斬り下ろす »