« 馬鹿っぽい夢 | トップページ | 地磁気 »

2014年5月20日 (火)

猿飛 佐助

文庫本『真田太平記』の第2巻目「秘密」を読み終わった。

『真田太平記』は

1974年(昭和49年)から1982年(昭和57年)にかけて
「週刊朝日」に連載された池波 正太郎さんの歴史小説だが
文庫本は その数年後に新潮社から
全12巻の大長編小説として出版されたものだ。

Photo

私の場合、歴史小説は あまり読まない。
( 特に戦国時代の武将物など・・ )

半世紀以上も前の私が 子供だった頃
夢中になって読んだ多くの漫画の中には
杉浦 茂さんの結構トボケたギャグ漫画『猿飛佐助』とか・・

Photo_2

真田十勇士の一人「さるとび佐助」が
仲間の三好青海入道らと諸国漫遊をしながら
徳川方の悪を懲らしめる「少年画報」に連載されていた
福田 三郎さんの『さるとび佐助』とか・・
(我が家に所蔵)

Photo_3

戦前の立川文庫や講談物などの影響を受けた
時代漫画などが多くあって
真田 幸村や真田十勇士が主人公の漫画などは
当時の子供のヒーローで
だから ジーさんになった今でも

苦手ともいえる戦国歴史小説とはいえ
真田幸村親子や真田十勇士などの活躍には
ついつい 胸が躍ってしまうのだ。

ちなみに真田十勇士とは
猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊三入道、
穴山小助、由利鎌之助、筧十蔵、海野六郎、
根津甚八、望月六郎の十人である。



芥川の水が、相当少なくなってきている。

そんななか・・

近くの保育園の2、3歳の子供たちが
時々 堤道を並んで散歩する姿を見かけたりするが

今日は赤い帽子をかぶった彼らが
水辺で遊ぶ水鳥の姿を 手摺に並んで眺めている様子は
なんとも 可愛いものである。

Photo_4



今日の歩数・・・12,700歩。

昨日までの禁煙日数・・・1年7ヶ月と23日。



|

« 馬鹿っぽい夢 | トップページ | 地磁気 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猿飛 佐助:

« 馬鹿っぽい夢 | トップページ | 地磁気 »